スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1987.8.10「サムルノリ」公演主催者@白石孝氏

1987.8.10「サムルノリ」公演主催者@白石孝氏

 サムルノリ公演(荒川区民ホール/1987年8月10日)の主催者である白石孝さんと先日の6月6日の京都円山音楽堂でタイ旅行以来十数年振りの再会。思い出話には花が咲かず、話題は「今は??」「官製ワーキングプアーや派遣切り」二次会の拾得までの12時間に及ぶ長い一日でした。白石さんを朝日新聞の夕刊に発見しましたので紹介します。

200971shiraisi.jpg

 
【自主レポート】
*白石さんのレポートを一部紹介します。* 
 在日韓国・朝鮮人が多数居住している荒川区であるからこそ成立した運動だったと思う。ニューカマーもたくさん居住し、いまや「リトルソウル」的雰囲気をかもし出している三河島界隈、その中心商店街でお店を営む商店主は、日頃からのお付き合いを大切にしたからこそ、区長と延々話し込んだ。その商店街や荒川区に共生化の種をまいたのが実は私たちの運動である。1987年、ソウルオリンピックを目前にした韓国で、衰退していた朝鮮伝統音楽を蘇らせた「キム・ドクス」率いる「サムルノリ」荒川公演を在日と日本人合同の実行委員会が成功させた。会場となったサンパール荒川大ホールは1,120名定員である。そこに1,500人もの聴衆が詰めかけ、区や議会関係者も多数来場した。そのコンサートの感動が、それ以降、区民祭りなど区の多くの行事に必ずといってよいほど「朝鮮・韓国舞踊、音楽」が登場するようになった。20人にひとりの割合で在日が暮らしているのだから、区内の各種行事で紹介されるのは当然なのだが、この日のコンサートが区を動かすことになったのだ。
 南北自主的統一をめざす夏の恒例イベント「統一マダン」、数十年続く「日朝女性の集い」「北朝鮮に米を送る運動」など節目節目の取り組み、そして日常的な交流、人的信頼関係がベースとなって、8月10日を迎えたと思う。目の前にいる外国人と共に生き、暮らすまちを創りたい。当たり前のように多文化が存在する、その現実を直視し、思想・信条、立場の違いをふまえて、だからこそ共生のまち荒川を実現させる、8月10日はそのスタートの日でもあった。
http://www.jichiro.gr.jp/jichiken/report/rep_tokushima29/jichiken/4/4_2_09.htm
スポンサーサイト

フォークの神様「岡林信康」

フォークの神様「岡林信康」NHK/BS2に登場
 2008年8月10日(日)19:30~22:00
 NHK/BS2
 「大集合!青春のフォークソング 永久保存名曲ヒット曲だけ」


 岡林信康とサムルノリとの出会いは偶然だった。
 1986年11月大阪府立高津高校で行われたサムルノリ鑑賞会に突然現れた。
 そこで、サムルノリの民族的な伝統を受けついだ
 ダイナミックな演奏、舞踏に接し感銘を受ける。
 それは、サムルノリの演奏もさることながら、
 しらけ世代といわれてた高校生たちを興奮のるつぼに落とし入れ、
 最後は舞台からこぼれ落ちそうに踊りまわる高校生を目の当たりにしたからだ。
 
 やがて念願だったエンヤトットのリズムを土台にした音楽スタイルを確立。
 サムルノリとも親交を深めコンサートのジョイント活動を行う。
 
 ちなみに、栢下芳郎は高津高校の公演が縁で岡林信康さんとの親交が始まり、
 枚方でのサムルノリの公演の時には毎回足を運んでくださるようになる。
 2007年7月14日の「金徳洙芸道50周年記念公演」での歌声は記憶に新しい。


*岡林信康とサムルノリは NHK「世界・わが心の旅」 でも放送された。

-----------------------------------
世界・わが心の旅
「韓国・魂のリズムを求めて旅人 フォークシンガー 岡林信康」
放送日1997年2月8日
チャンネルBS 2
岡林信康

1970年代、フォークの神様と呼ばれた岡林信康。
今は日本の伝統の和太鼓の祭りの拍子のリズムで歌う歌手として注目を集めている。
その転身のきっかけは韓国伝統音楽を現代風に演奏するサムルノリとの出会いだった。
岡林はソウルを訪れ、自分をよみがえらせてくれた韓国民族の魂を伝える音楽家たち
(金徳洙・李光寿・崔鍾實)と再会し、新しい歌エンヤトットを披露する。
 語り 阿藤海










テーマ : サムルノリ - ジャンル : 学問・文化・芸術

四物遊撃の足跡 その1

「サムルノリ」関西初演
4人の青年が始めたグループ名が今では韓国の伝統芸術を代表するジャンルとなり世界中に知られるようになった。男寺党の広場芸能を舞台芸術に高めた金徳洙をリーダーとする「サムルノリ」は誕生から30年という時が流れ久しぶりにオリジナル「サムルノリ」を観ることができる喜びは言葉では言い尽くせません。
関西での初演は、
1983年8月1・2日「大阪/バナナホール」、3日「京大西部講堂」、4日「枚方/市民センター」、さらに名古屋、 岐阜とツアーが続き共にすごしたあの日々は今でも私の宝物です。

198387.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。