スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The 17th World SAMULNORI Competition & Festival in BUYEO

The 17th World SAMULNORI Competition
             & Festival in BUYEO

2008.10.10(Fri)-12(Sun)予定
世界サムルノリ競技大会実行委員長兼芸術監督:金徳洙
第17回世界サムルノリ競技大 会会場:扶余
今年はサムルノリ誕生30周年記念大会ということで
世界30ヶ国からのサムルノリチームが参加予定です。
日本からも数組が参加予定。♪赤

<世界サムルノリ競技大会>
1989年ソウルオリンピック記念公園で初開催されてから今年で17回目を迎える。
伝統芸術公演単一種目競技大会としては、唯一「大統領賞」が授与され、
1993年からは海外のサムルノリチームが参加し、1000人余りが参加する
国際的な行事へと発展した。
2007年第16回大会は大阪の建国学園中高校生チームが大統領賞の
栄誉に輝いたことは皆さんご存知のところです。
ちなみに大統領賞の賞金は10000000ウォン・約100万円だそうです。


 <大会開場:扶余>
千年の古都・扶余には1994年にサムルノリと打楽器の教育院が開院され
サムルノリの教育のメッカとなっている。


 <その他の催し物>
・金徳洙サムルノリの公演
・世界の打楽音楽を代表して公式招聘されるグループの公演
・ワークショップ
・食べ物露天市場
・手作りコーナー
など子供から大人まで参加者が楽しめる多彩なプログラムが用意されている。


大会の見学等の連絡・問い合わせは連絡・問い合わせ:
  金徳洙サムルノリファンクラブ関西
  E-mailでおねがいします。
  kayashita@cam.hi-ho.ne.jp
スポンサーサイト

霊山斎

大阪韓国文化院にて催された「霊山斎」の鑑賞会に行ってきました。
霊山斎とは2500年前頃に釈迦牟尼が衆生に法華経を説く祭の様子を
再現した仏教儀式。
仏教儀式というと退屈な読経を思い浮かべますが、然に非ず。
その儀式は読経にあわせた音楽や舞が演戯的に構成され、
仏教芸術として昇華されたものとなっています。

楽器の中にチャンゴやケンガリはなかったけれど、
韓国伝統音楽の革命的な存在のサムルノリの源流的部分もかいま見ることができました。

同じ仏教の伝来国としの共通性を再認識すると共にその違いを楽しめる公演でした。


霊山斎3

霊山斎4






テーマ : サムルノリ - ジャンル : 学問・文化・芸術

フォークの神様「岡林信康」

フォークの神様「岡林信康」NHK/BS2に登場
 2008年8月10日(日)19:30~22:00
 NHK/BS2
 「大集合!青春のフォークソング 永久保存名曲ヒット曲だけ」


 岡林信康とサムルノリとの出会いは偶然だった。
 1986年11月大阪府立高津高校で行われたサムルノリ鑑賞会に突然現れた。
 そこで、サムルノリの民族的な伝統を受けついだ
 ダイナミックな演奏、舞踏に接し感銘を受ける。
 それは、サムルノリの演奏もさることながら、
 しらけ世代といわれてた高校生たちを興奮のるつぼに落とし入れ、
 最後は舞台からこぼれ落ちそうに踊りまわる高校生を目の当たりにしたからだ。
 
 やがて念願だったエンヤトットのリズムを土台にした音楽スタイルを確立。
 サムルノリとも親交を深めコンサートのジョイント活動を行う。
 
 ちなみに、栢下芳郎は高津高校の公演が縁で岡林信康さんとの親交が始まり、
 枚方でのサムルノリの公演の時には毎回足を運んでくださるようになる。
 2007年7月14日の「金徳洙芸道50周年記念公演」での歌声は記憶に新しい。


*岡林信康とサムルノリは NHK「世界・わが心の旅」 でも放送された。

-----------------------------------
世界・わが心の旅
「韓国・魂のリズムを求めて旅人 フォークシンガー 岡林信康」
放送日1997年2月8日
チャンネルBS 2
岡林信康

1970年代、フォークの神様と呼ばれた岡林信康。
今は日本の伝統の和太鼓の祭りの拍子のリズムで歌う歌手として注目を集めている。
その転身のきっかけは韓国伝統音楽を現代風に演奏するサムルノリとの出会いだった。
岡林はソウルを訪れ、自分をよみがえらせてくれた韓国民族の魂を伝える音楽家たち
(金徳洙・李光寿・崔鍾實)と再会し、新しい歌エンヤトットを披露する。
 語り 阿藤海










テーマ : サムルノリ - ジャンル : 学問・文化・芸術

建国 60周年記念連続講演

建国 60周年記念連続講演

8月3日ソウル/世宗文化会館で開かれた建国 60周年記念連続講演で
金徳洙氏は
「一番韓国的な響きを研究して韓国伝統の視覚的な側面を考慮した舞台が
どこにあるのか考えて見てください。」
「大部分劇場が西洋公演のための劇場だ」
「私たちの美学科伝統, 自然を考慮した劇場がない。」
と言った. 彼はさらに
「数十万ウォンオペラや西洋オーケストラ公演はチケットを買うにもかかわらず、
伝統文化公演はチケットを与えても来ない。」
と伝統文化にそっぽを向く現実も一緒に指摘した。
金徳洙氏はまた
「演奏用伽椰琴が千万ウォンするのにこれは確かに問題で、
高価な伝統楽器も必要だが国民が持って楽しむことができる楽器ではない。
大衆が容易に接することができる伝統楽器の普及が必要だ。」
と強調した。

著作権者(c)連合ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。